SUBARUの次期型BRZ

ここでは今後、デビュ0が予定されているスバルの気になるモデル2代の情報を追っていこう。

 

次期型BRZ

吉永社長がメディアに対して明言しているとおり、次期型BRZはすでに開発が進められている。

 

当然、現行86/BRZと同様にトヨタとの共同開発ということになるが、スバル側の方が熱心に動いている可能性が高いということから大いに期待できそうだ。

 

そしてそのパワートレーンは、新開発の水平対向1.5リットル直噴ダウンサイジングターボにハイブリッドを組み合わせた新世代ユニットとなる。

 

ターボとモーターを組み合わせることで、その最高出力は現行型86/BRZの搭載する水平対向2リットルNA、FA20と同じく200ps程度。

 

現行型が登場して既に5年賀経過し、86ではGAZOOによりGRMNモデル、そしてBRZには500台限定のBRZ tS、さらにはコンセプトだが2リットルターボを搭載した過激なbrz stiパフォーマンスも登場している。

 

当初、スポーツモデルとして10年前後のモデルスパンを予定していた86/brzなのだが、設計に自由度が少なかったことから今後の発展性が見込めず、早めのフルモデルチェンジの可能性が高まっている。

 

今後のスケジュールとしては、次回19年の東京モーターショーで何らかのコンセプトモデルを発表。

 

トヨタがアピールしたい翌20年のオリンピックイヤーで次期型86/brzの発売開始、という青写真が透けて見えてくる。

 

デザインに関してはまだ未定の部分も多いのだが、21世紀のスポーツカーにふさわしいスタイリングになることは間違いない。

 

次期型でもstiモデルが追加されるのはほぼ確定事項であり、その動向にはスバリストならずとも注目しておきたいところだ。